ご利用案内 ・ サイトマップ ・ 会社案内 ・   

ホーム気配り宅配食事のこだわり品質の安全性ご利用者様の声法人様専用問合せ問合せ
 

ウェルネスダイニングでは管理栄養士が、
健康に役立つ情報や知識をメールマガジンで毎週配信しております。
こちらのページでは配信したあったか健康情報のバックナンバーを掲載しています。

ぜひご自宅のパソコンや携帯で最新の健康情報をご覧いただければと存じますので、
ご希望の方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
毎週金曜日に健康に役立つ情報をお届けいたします。

2015年  2016年

 

2016年8月5日


【 放っておくと怖い糖尿病!あなたの食生活は大丈夫? 】

 ■▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽■
 からだ想い 家族想いのあったか健康応援団ウェルネスダイニング
 ■△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△■

 こんにちは!隔週金曜日にお届けしております
 【ウェルネスダイニングの管理栄養士からのあったか健康通信】
 本日は今年から管理栄養士チームになりました、村上が担当いたします!

 今回も前回に続いて糖尿病についてお伝えします。
 前回は糖尿病がどんな病気なのかをご案内いたしました。

 怖い、怖いと言われる“糖尿病”ですが一体何が怖いのでしょうか?

 最近、お電話をいただいたお客様から、
 「糖尿病って言われたけど自覚症状がないから、よくわからないんだよね〜」
 という声をよく聞きます。

 糖尿病において食生活の大切さを再確認するために、
 今回はなぜ糖尿病を悪化させてはいけないのか簡単にご案内します。

 ――――――――――――――――――――――――――――――
         血糖値が高くなるとどうなるの?
 ――――――――――――――――――――――――――――――

 糖尿病そのものは自覚症状がほとんどないため、軽く思われがちです。
 しかし、悪化すると血管に負担がかかってしまい、
 目や腎臓の病気になる恐れがあり、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなり得るのです。

 これに加えて、糖尿病は一度発症してしまうと、
 生涯にわたり血糖コントロールをして食事に気をつけなければなりません。

 そのため早いうちから日々のお食事を見直して、気をつけることが大切です。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
        合併症を防ぐにはどうしたらいいの?
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 予備軍やもう糖尿病といわれてしまった方には以上のご説明から
 不安にさせてしまったかもしれませんね。

 “ただ、まだあきらめるのは早いですよ”

 糖尿病は早いうちからの対策が重要になります。
 普段のお食事を、少し気を付けることで
 合併症の予防や進行を防ぐことができます。

 早食いをやめて、いつもより意識してゆっくり、よく噛んで食べるようにすると
 「満腹感」が得られて食べる量が抑えられます。
 間食を減らしてみるのもいいかもしれませんね。
 
 毎日ごはんを食べるときにどんなことを心がけたらよいのかなどの
 詳しい内容は次の回にお話いたします。

 
 少し血糖値が高くてお食事の見直しを考えている方、
 糖尿病のご家族のお食事でお困りの方、
 ご自分でお食事のコントロールが難しいときは私たちがご相談にのります!
 お問い合わせなどいつでもお待ちしておりますのでお気軽にご相談くださいませ!
 
 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。


 ■□■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 【はじめまして!!】
 
 4月からウェルネスダイニングの一員となりました村上と申します。
 管理栄養士としてはまだヒヨコですが今後、皆様の普段のお食事や
 生活について為になるお話をしていきたいと思います!
 
 ご感想やご意見などお待ちしておりますので、
 温かい目でこれからどうぞよろしくお願いいたします!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■□■

 【近日発売予定!ウェルネスダイニングのやわらか食】

 「従来のお食事ではちょっと噛みきれない。」
 「もっとやわらかい食事が欲しい。」

 そんなお客様の声を受け、ウェルネスダイニングでは
 さらにやわらかい食事を発売します。
 ぜひ、日々のお食事にお役立てくださいませ。

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 
 発行人/村上ひかり(管理栄養士)


お申し込み・お問い合わせ先は
腎臓病食や糖尿病食をお探しの方はぜひ『ウェルネスダイニング』へお問い合わせください。メールでのお問い合わせはこちらをクリック